フェンスを取り付けよう~フェンスでディフェンス~

フェンスと扉

防犯に役立つ柵

普段何気なく見かけることのあるフェンスですが、何気ない生活の中で多くのメリットをもたらしています。フェンスは防犯に非常に役にたっているものなのです。フェンスを有効活用しましょう。

Read More

エクステリアとして

フェンスは家を建てる際には必要になってくるものです。フェンス工事はエクステリアとして化粧ブロックや門柱、アルミの門扉などの丈夫に防犯上の対策で貼られることが多いです。

Read More

フェンスの取付の魅力

フェンスを選ぶ時の注意点

フェンスを取り付ける場所は、主に住宅の敷地の境界や会社の敷地の境界等、その個人や法人の所有する土地の境界付近に取り付けるのが最も多いです。フェンスを選ぶ時には、注意しなければいけない事が沢山あります。例えば、道路際の敷地でリビング等の前が人通りの多い道路の場合、フェンスの間隔が広く裏側が丸見えの物を選んでしまうと、通りの通行人から家の中が丸見えになってしまうので、年中カーテンを閉めておくといった様な具合になってしまいます。他には、北側の方向に設置する場合、木材で出来たウッドフェンス等をえらんでしまうと、日当たりが悪いので湿気等により、通常より短い期間で劣化して交換する事になってしまいます。この様に、使用する用途や場所によって最適なフェンスは変わってきます。

用途や場所によっての選び方

上記で用途や場所によって選ぶ物は変わってくるとなっていますが、具体的にはどの様な物を選べばいいのでしょう。北側で日当たりの悪い場所に設置するのは、アルミ等の頑丈な素材で出来た物で尚且つ隙間が広い物を選べば長持ちします。理由としては、北側の日当たりが悪い場所はじめじめして湿気が多い為、湿気に強いアルミ素材で風通しを良くして湿気に備える為に隙間が広い物を選択します。他の例としては、会社等の広大な敷地に境界を仕切るだけという理由で取り付けるのならば、そこまで好条件のフェンスを使用する必要も無いので、アルミのメッシュで出来た安価な網フェンスを使用すれば良いです。敷地の中が見えない様にしたいのならば、背の高い高尺目隠しフェンスという物を使用すればこの条件に合います。この様に、フェンスには様々な種類があるので、フェンスを使用する用途や場所によって最適な物を選ぶ必要があります。

フェンスのイメージ

フェンスを住宅の境界に設置する人は多くいます。常に人目につくフェンスは住宅のイメージを大きく変えるものです。フェンスを設置する際には十分に見た目のイメージを考えていきましょう。

Read More